■2011年10月22日biohazard関係オフ会でUSJゾンビナイトを楽しむぞツアー開催■
遠方からの参加者や初参加の方々も含めて総勢9名でのUSJ探索となりました。

写真や落書き四コマや落書きイラストを交えながらレポしてみたいと思います。
到着した時点でお会いしたお二人にまず衝撃を受けたワタクシ。
いや〜ネット上だと性別わかんないですよね( ・∀・)ノ(イイワケ)年齢もね( ・∀・)ノ
あ、ニノに似てると思ったのは帰ってから嵐に●やがれ見て確認したけど勘違いじゃないと思ってるよ( ・∀・)ノ
そして伏字が全く意味をなさないとか後々思いっきり名前出てるとか気にしなーい。

そんでもってほんと若いお嬢さんが一人もいなくて大変申し訳なかったよorz
昼過ぎ集合でパークイン。雨の予報でしたがこの時点では
何とかお天気は持ってくれてました。
そして暑い…。蒸し暑くてたまら〜ん!!と
思いつつハロウィンカラー一色のパークをワクワク堪能。


一般のお客さんもたくさんの人がコスプレしていて
見ていて楽しかったです。
サイレントヒルの看護婦ゾンビのコスとかもいたよ!
バイオコスで来ても何の違和感も無さそうでした。
と言うか地味なくらいかも。
来年はコスして入場かな(笑)
さて、目的のゾンビナイトは夜18時から。それまでは時間の許す限りアトラクションを見ようと
言う事で行列に参戦。流石に土曜日と言う事もあって各所60分以上待ちは当たり前状態。
それでも大人数でわいわい喋っていたら時間はあっと言う間。

そして今回も天然で有名なPっぴさんは色々と伝説を残してくれました。

そんな彼女の伝説っぷりをいくつかお届けしたいと思います。
自信満々に言うからすでに聞いてたんだ〜と思ったらコレですよ。
あの自信はどっから来たんだろうね?え?それがPっぴさんだって?
ええそうですね、彼女を知っておられる方は皆そう思うはず。ふふ…。
ここではっきりツっこんでおこう。
間違ってますから!
ハルクじゃないから!!
そんな彼女の伝説はまだまだありますがそれはまた後で。
本来のUSJゾンビオフレポに戻ろうと思います。(長くなるから。)
夕方頃にゲリラ豪雨に何度か見舞われつつもゾンビナイト開始。
18時になるとホラーゾーンが出来てその辺りは一方通行になります。
ホラーゾーン内は照明も落とし目でスモークなんかも炊かれて爆音でハードロックが流れた効果音が聞こえたりで
ホラー映画の雰囲気満載になります。

ただ皆コレを目当てに来てるのでとにかく
人が多い!!一方通行にされているので
と、思わずツっこみたくなるほどの人手。
ギュウギュウ詰めで少しずつしか進めないので
ゾンビに遭遇したってわかんねえよ!!!!
ってな状態。

えーこれ、ラストまでこのままだったらちょっとガッカリかも〜
と思いながらものろのろ移動。
それでも そこここから時々聞こえてくる悲鳴に振り返ると
ゾンビだ!
ゾンビだ!!




と、さまざまなタイプのゾンビがうろうろフラフラ登場。
ただ最初の内の人が多い段階で遭遇したら
怖がって逃げる人で将棋倒しになりそうでそっちの方が怖かった^^;

時間が経つに連れ、徐々に人が減って来てからは良い感じでした。


ホラーエリア内に3箇所スーパーホラーゾーンと言うのが出来ていて
そこは10〜20名ずつ位の区切りで人を入れるプチお化け屋敷。
個別にゾンビを体験するような状態になっています。
どこも行列だったけど一番の目的はこのゾンビナイトだったので
それぞれのスーパーホラーゾーンに並んで入場。

inserted by FC2 system